株式投資超初心者がOne Tap BUY(ワンタップバイ)で1000円投資を実践するブログ

株式投資超初心者の1000円投資ブログ

株雑記

複数の証券会社に申し込みをしました(^^♪

投稿日:

毎度!!京介です。

週末は市場がお休みなので、この機会に複数の証券会社に口座開設の申し込みを行いました。

diwou / Pixabay

 

6社の証券会社に口座開設の申し込みを行いました。

口座開設の申し込みを行った、証券会社はSBI証券ライブスター証券マネックス証券SMBC日興証券岡三オンライン証券野村證券、、一気に口座開設申し込みをいたしました。

所要時間40分ぐらいでしたか、ネットからの手続きだと、簡単に出来ちゃいますね。SMBC日興証券だけはスマホから行いました(pcからだと身分証明の写真がアップロードできないため)。

全て無事に口座が開設できれば、元々開設していた楽天証券と合わせて7社の証券会社の口座を持つことになります。

何故にこれほど、トチ狂ったかのように口座開設を申し込んだかと言うと、IPO株にチャレンジしようと思い「庶民のIPO」さんのサイトを参考にIPOにお勧めな証券会社をピックアップして口座開設を申し込んだ次第です。

One Tap BUY(ワンタップバイ)でも11月下旬からIPO専用アプリ『誰でもIPO』 のサービスが始まりますよね、、こちらもとても楽しみにしています。

IPOとは 株式を公開していない企業(未上場企業)が市場に上場して新たに株式を公開することです。

このときIPO株として上場前にIPO株を購入することが出来るのですが、これは証券会社に口座開設しIPOの抽選に参加する必要があります。

抽選に当選すると上場前の株を購入することができて、この購入したIPO株を上場日のはじめに付く株価(初値〔はつね〕)で株を売ることで大きな利益を得られる可能性があります。(IPO株を購入した金額より、上場後に付く初値の株価が、購入金額より大きくなりやすいため。最近ではご存知の方も多いメルカリ、、「庶民のIPO」さんでは、上場前の株価は30万円、上場時の株価は50万円。初値売りで20万円の利益となったそうです。)

IPOは、金なし、コネなし、学歴なし、何のとりえもない中年親父にとって夢を見させてもらえるかもしれない宝くじのようなもの・・・・もちろん当選するのは至難の業だということも重々承知をしていますが、世の中の底辺でうごめいているような私でも、少しは楽しみがあってもいいのかなと(笑)

頑張ってチャレンジして行きますよ!!

トピックス

「LINEスマート投資」なら会社名を知らなくても投資できる!

安倍首相が“予定通り消費税は来年10月に10%にする”と明言した。懐具合が心配になり、投資を考えている人も多いのでは。そこで注目したいのがLINE発の投資サービス「LINEスマート投資」。始めるまでの手順を画面たっぷりに紹介しよう。

LINEスマート投資が向いているのは、これまで投資をしたことがない人だろう。企業を選ぶ必要はなく、「ドローン」「温泉」「人工知能」「京都」「VR(仮想現実)」などのテーマを選ぶだけで投資できるので、初心者でも利用しやすくなっている。投資できるテーマは約70種類。各テーマはプロが厳選した有望企業10社で構成されている。

売買で発生する手数料は、銘柄ごとに売買代金の0.5%(税抜き、裁定手数料50円)。さらに、1株から取引できる「単元未満株取引」を導入しているため、10万円前後で10社への分散投資が可能となっている

引用元 KADOKAWA ASCII

ラインが面白そうな投資サービスを始めましたね。

One Tap BUY(ワンタップバイ)とはまた違ったサービスのようです。

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-株雑記

Copyright© 株式投資超初心者の1000円投資ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.