株式投資超初心者がOne Tap BUY(ワンタップバイ)で1000円投資を実践するブログ

株式投資超初心者の1000円投資ブログ

One Tap BUY2018年10月投資日報

2018年10月19日投資日報

投稿日:2018年10月19日 更新日:

One Tap BUY10月19日 日本株投資状況

毎度!!京介です。

One Tap BUY(ワンタップバイ)2018年10月19日投資日報

早速、今日の株価の状況を見て見ましょう。

本日のポートフォリオ

本日も、オリエンタルランド以外の銘柄は、軒並みマイナスとなっています。

本日の投資日報は、、含み損124円となりました。

わずか5000円の投資ですが思っていたより株買は変動するもので、収益を出すのはなかなか難しいですね。

今はまだ金額が小さいので、日々の変動が面白く興味深いです。

もっとも投資金額が大きくなれば、感覚は違ってくるのでしょうが・・・

この中では一番マイナスになっている資生堂のチャートを見て見ます。

※ チャートはYhaoo!ファイナンスの情報を引用してます。赤が陽線、青が陰線となっています。

今現在、チャートの見方もすこしづつ勉強しています(汗)。。

日本株ニューストピック

資生堂「株」を襲った 中国発の「写真」と「不安」

2018/10/18 07:00

インバウンド(訪日外国人)の代表的銘柄、資生堂株が調整局面に入った可能性が出てきた。日経平均株価が前日終値比で一時1047円(4.5%)急落した2018年10月11日には、一時これを大きく上回る8.1%の下落を記録し、週が明けた10月第3週も冴えない展開が続いている。中国の景気減速で訪日外国人に人気の資生堂製品の需要が減ることが懸念されている。

資生堂株に異変のシグナルがあらわれたのは、日経平均急落の1週間前、10月4日だった。一時前日終値比606円(6.9%)安の8185円まで下落、終値は416円(4.7%)安の8375円だった。市場では「日米で長期金利が上昇したことで、株価収益率(PER)が高く相対的に割高感のある資生堂のような株式への売り圧力が強まった」との解説が聞かれた。

引用元  J-CAST

下げ幅が大きい資生堂関連のニュースをピックアップしました。

なかなか小難しい解説ではありますが、「インバウンド(訪日外国人)の代表的銘柄、資生堂株が調整局面に入った可能性が出てきた」「中国の景気減速で訪日外国人に人気の資生堂製品の需要が減ることが懸念されている。」なるほどこのように関連してくるのか、、と勉強になります。

 日本における「円安・ドル高」は輸出産業への恩恵がクローズアップされ、どちらかというと歓迎ムードだ。中国における人民元安もそういう面がないわけではないが、物価高による景気減速など人民元安による副作用が懸念されるため、中国経済の先行き不安が生じてしまう。

不安が現実となればインバウンド需要に影響を与えることになり、その警戒からなお割高感のある資生堂株は軟調な展開となりやすい。ただでさえ世界的な株安という逆風の中、資生堂株が反転上昇に向かうには相当な材料が必要となりそうだ。

引用元  J-CAST

資生堂株は、当分動かしようがなさそうなのかな?

推移を見守ります。

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-One Tap BUY2018年10月投資日報

Copyright© 株式投資超初心者の1000円投資ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.