株式投資超初心者がOne Tap BUY(ワンタップバイ)で1000円投資を実践するブログ

株式投資超初心者の1000円投資ブログ

One Tap BUY2018年10月投資日報

2018年10月25日投資日報

投稿日:2018年10月25日 更新日:

One Tap BUY10月25日 日本株投資状況

毎度!!京介です。

平均株価が一時800円超安価まで反落した市場・・・

どうなったか見るのが怖いですが、今日の株価の状況を見て見ましょう。

本日のポートフォリオ

 

昨日に引き続き、購入している5銘柄は、軒並みマイナス。

本日の投資日報は、、含み損407円となりました。昨日の含み損の倍の金額・・・(汗)

株価値下がりが続く状況、、次の買い増しも出来そうになく、難しい局面が続きそう

日経平均株価10/25
21,268.73
(-3.72%)

ダウ平均株価10/24
24,583.42
(-2.41%)

為替 ドル円19:55
112.28
(+0.03%)

今日のニューストピックス

東証前引け 大幅反落、一時800円安 景気敏感株中心に全面安

2018/10/25 12:03

25日午前の東京株式市場で日経平均株価は大幅に反落した。前日比618円30銭(2.80%)安の2万1472円88銭で前場を終えた。24日の米株式相場の急落を受け、投資家心理が弱気に傾いた。海外ヘッジファンドなど短期筋の売り圧力が強く、国内外の中長期スタンスの機関投資家も追随したといい、電機や海運など景気敏感株を中心にほぼ全面安の展開。日経平均の下げ幅は一時800円を超えた。

24日の米株式市場で半導体などハイテク株が売られた流れを引き継ぎ、東京市場でも東エレクやファナック、ソニーなどの電機株に売りが目立った。外国為替市場で進んだ円高・ドル安に加え、中国・上海や香港、韓国などアジアの株式相場が総じて軟調なことも重荷となった。

JPX日経インデックス400と東証株価指数(TOPIX)も大幅反落した。前引け時点の東証1部の売買代金は概算で1兆3581億円、売買高は7億6949万株だった。東証1部の値下がり銘柄数は2039、値上がりは55、変わらずは13だった。東証1部上場銘柄の時価総額は600兆円を割り込む場面があった。

国内長期金利の低下を背景に、三菱UFJや第一生命HDが安い。シャープやエーザイ、日電産も下げた。一方、米テスラの7~9月期決算が最終黒字に転じたのを受け、テスラに電池を供給するパナソニックが上昇。セブン&アイやNTT、関西電が上げた。

引用元 Nikkei Inc.

 

免震・制振データ改ざん発覚の川金HD、株価が大幅下落

ITmedia ビジネスオンライン 2018年10月24日 12時56分

川金ホールディングスの株価

10月24日の東京株式市場で、土木建築用機材などを手掛ける川金ホールディングス(HD、東証2部)の株価が続落。午前の取引を終えた時点で、前日比90円安(-17.4%)の426円まで下げている。値下がり率は全市場で1位。

同社は23日、子会社が免震・制振用オイルダンパーの検査記録を改ざんし、顧客が定めた基準に満たない製品を出荷していたと発表。設置先は計26都道府県の学校、住宅、工場などで、物件数は計93件。

10月中旬に油圧機器メーカーのKYBで免震・制振データ改ざんが発覚したことを受け、川金HDが社内調査を実施した結果、同様の不正が見つかった。今後は国土交通省の指示のもと、関係者への説明、製品の交換、原因究明と再発防止策の徹底などを行っていく方針。

引用元 エキサイトニュース

先日はKYBが免震制震装置の検査データを改ざんして納入していたことが発覚しましたが、なんと金属加工や産業用機械などを手がける川金ホールディングスでも免震制震装置で検査データの書き換えがあったことを発表されましたよね。

問題があったのは、同社子会社の光陽精機のようで、「免震・制振用オイルダンパーの不適切行為があったとの他社からの発表」(KYBによるデータ改ざんの発表を指していると思われます。)を受けて社内調査を行なったところ、信じられないことに性能検査記録データの書き換え行為が発覚したと発表。

書き換えが行われたのは2005年2月から2018年9月までで、免震用オイルダンパー6製品(納入先物件は4件)、制震用オイルダンパー1423製品 (納入先物件は89件)。大臣認定については合格していたものの顧客の基準値からは外れていた製品についてデータを書き換えていたという信じられないような事実。

この一線を越えてはとか、信を通すとか、誠実なんてことが薄っぺらく扱われ、全ては利益至上主義でやったもの勝ちは、許されることはありませんよね。

神戸製鋼所、日産自動車、スバル、三菱マテリアル、東レなどなど、今まで様々な大企業の不祥事が相次いで発覚しました。

 そして、平成27年に免震ゴムという安全安心を求める製品で虚偽の記載が発覚した東洋ゴム工業の偽装、、この後始末は今も続いているのです。

代償は大きい。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-One Tap BUY2018年10月投資日報

Copyright© 株式投資超初心者の1000円投資ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.