株式投資超初心者がOne Tap BUY(ワンタップバイ)で1000円投資を実践するブログ

株式投資超初心者の1000円投資ブログ

One Tap BUY2019年1月投資日報

2019年1月4日 金曜日 投資日報

投稿日:2019年1月4日 更新日:

毎度!!京介です。

2019年1月4日、、証券取引所大発会の日、晴れ着で着飾った女性社員たち艶やかでしたね。

彼女たちの様に、株価も気持ち良く上向けば良いのにと思いつつ、平均株価2万台大きく下回って取引をスタートとある程度は予想できる、始まりとなった。

結局去年の終値から452円安の19,561円で大発会の取引を終えました。

日本より二日早く開いているニューヨーク市場、二日の市場終了後、飛び出したアップルの下方修正、、日本市場でもアップル関連銘柄の下落を受けて電機が安く、精密機器、機械、化学などが下落率上位。

保有銘柄の村田製作所、キーエンス辺りは打撃が大きい。

ソフトバクグループ、、そろそろ底値打ちしてもらいたいものです。

不安材料しかないですが、すべての銘柄が下がるわけではないのだから、一月はどの銘柄に投資するか?

週明けに買い増しします。

では、今日の株価の状況を見て見ましょう。

 

日本株投資日報

本日の日経平均株価 19561.96円 前日比 -452.81円

東証一部売買代金  2兆7718億円 前日比 +7425億円

TOPIX:1471.16(-22.93)

 本日の日本株含み損益の推移

日本株投資金額10,000円に対し評価額8,272円となり、、

本日の日本株含み損益は、、含み損1728となりました。

麻生財務相、日経平均急落「気分的な影響大きい」

麻生太郎財務相は4日、証券業界7団体が都内で開いた新年名刺交換会であいさつし、2019年最初の取引で日経平均株価が急落したことについて「株価は気分的な影響が極めて大きい」と述べた。そのうえで「アップルや商いが薄かったからだなど、株価が下がっている理屈はいろいろつけられるが、企業(業績)の実体は極めて好調だ」と強調した。日本経済については「全てのファンダメンタルズ(基礎的条件)はほぼ過去最高のようなところにきている。この状況を維持していくことが我々の責務だ」と話した。

引用元 日本経済新聞社

 

米国株投資日報

米国マーケット

NYダウ
22,686.22 -660.02 (-2.83%)

ナスダック総合
6,463.50 -202.43 (-3.04%)

S&P 500
2,447.89 -62.14 (-2.48%)

本日の米国株含み損益の推移

米国株投資金額10,000円に対し評価額8,707円となり、、

本日の米国株含み損益は、、含み損1293となりました。

ニューヨーク株式市場、、前日比660・02ドル安の2万2686・22ドルと大幅に反落して取引終了。

保有銘柄では、貿易関係の影響が受けやすい、建設機械のキャタピラーが値を下げています。

アップルが大いに賑わっていますね。

天下のiPhoneの売れ行きが落ちている、その理由が「中国」との貿易戦争だ、クックCEOが説明されてました。

しかし冷静に考えると、スマホ時代を先行してきたiPhone、、今の実力はどうなのか?

相変わらず日本では人気があるが、世界スマートフォン市場では「サムスン」「Huawei」の勢いが有るわけで、、OSもアンドロイド優勢と。

もちろん、不振の要因は米中の貿易摩擦もあるのでしょうが、もしかしたらアップル帝国が下降していくのかもしれません。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-One Tap BUY2019年1月投資日報

Copyright© 株式投資超初心者の1000円投資ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.